白髪の改善を可能にする条件は身近にある

髪の毛に起こる、気になる症状として「白髪」があり、個人差はありますが、加齢とともにあらわれる自然現象といっても過言ではありません。そのため、鏡を見てため息をつきながらも、半分「諦めモード」になっている人も多いうと思われます。

しかし、適切なケアをすることによって、既にあらわれている白髪を改善することが期待できるのです。また、それを可能にするいくつかの条件は、意外や意外!身近な生活習慣のなかにも潜んでいるのです。


毎日の生活で習慣化されているもの

白髪を改選するには?

生活習慣は、知らず知らずのうちに身についているもので、「このままでは、いけない」と思いながらも、ついつい流されてしまうことも少なくありません。

毎日の生活で習慣化されているものとして、次のようなものが考えられます。

  • ファーストフードに頼るなど「偏った食事メニュー」
  • 夜更かしが多い「夜型生活」
  • IT機器と向き合うことによる「慢性的な運動不足」
  • 仕事や人間関係などによる「日常的なストレス」

いかがですか。いずれも、毎日を健康に過ごすためには欠かせないものだけに、避けて通ることができませんね。しかも、IT機器に囲まれて生活する現代人ならではの問題点もあると思われます。

髪の毛は、生命維持には直接関係がないため、体内に摂りいれられた栄養素がいちばん最後に届くようになっています。そのため、慢性的な栄養不足がある場合や、ストレスによって血流が悪くなると、髪の毛の生育に必要な栄養素が届かなくなるのです。

このようなことからも、白髪の改善をするためには、まず、日常の生活習慣をひとつずつ見直すことが大切だといえます。


「生理的欲求」が心身の健康に及ぼすもの

私たちが社会のなかで生きていくためには、いろいろな欲求があります。そのなかでも、生命維持に欠かせないものとして「生理的欲求」があり、次の3つがあげられます。

  • 食欲
  • 睡眠欲欲
  • 排泄欲欲

ちなみに、「食欲」ということばは日常的に使われますが、ほかの2つに関しては「睡眠」「排泄」という表現のほうが多いですね。

細かいことはさておき、これらの生理的欲求が満たされなくなると、生命の危機に及ぶことも少なくありません。また、生理的欲求を満たすことにより、髪の毛にあらわれる症状のひとつ「白髪の改善」にもつながります。

意外と思われるかもしれませんが、髪の毛の存在自体は、生命維持に直接かかわることがないため、栄養素の配分が後回しになってしまいます。つまり、体内が慢性的な栄養不足になると、髪の毛に栄養素が回ってこない可能性が高くなるのです。

そのような事態を避けて、髪の毛を健康にするためにも、生理的欲求のひとつ「食欲」を満たすことが大切です。


食欲を満たすために大切なこととは?

生命を維持するためには「食欲を満たす」ことが大切ですが、そのためには、食べ物の質にもこだわる必要があります。といっても、贅沢な高級グルメを堪能するのではなく、むしろ、体に悪影響を及ぼす有害物質を排除して、安心して口にできる食事にこだわることが大切なのです。

これは、現在の食生活を見直して、一昔前、定番だった和食中心の食生活に戻ることにもつながります。そうすることによって、栄養バランスの取れた食生活の実現ができ、それが、白髪の改善に役立つことにもなるのです。